スポンサーリンク

特殊引火物

この節での特訓内容
1.特殊引火物の定義
2.代表的な特殊引火物の種類と性質
3.特殊引火物に共通する事項

この節では第4類危険物で最も危険とされる特殊引火物についての特訓をする。
特殊引火物は本試験では特によく出題される。
各物質名や引火点・発火点など細かく覚える必要があるのでしっかりと特訓するのだ。
では特訓開始。


1.特殊引火物の定義

1気圧において

発火点が100℃以下のもの

または

引火点が-20℃以下かつ沸点が40℃以下のもの。

以上を満たす物質が特殊引火物といわれる。



2.代表的な特殊引火物の種類と性質

以下に代表的な特殊引火物の引火点・発火点とその特徴をまとめた。

物質名 性質 引火点 発火点 特徴解説
ジエチルエーテル 非水溶性 -45 160 引火点が最も低い-45℃。

○甘い刺激臭がある。

蒸気は麻酔性がある。

水にちょっとだけ溶けるが非水溶性だ。

日光や空気に長時間の放置することは厳禁。
※過酸化物が生成され衝撃等で爆発する恐れがある。
二硫化炭素 非水溶性 -30 90 発火点が最も低い90℃。

○液比重が1.26で重く水に沈む
※ そのため水を張った容器や水没させたタンクなどに貯蔵して蒸気の発生を防ぐ。

○特有の不快臭がある。

○燃焼すると有害な二硫化硫黄が発生する。
アセトアルデヒド 水溶性 -39 175 沸点が最も低い20℃。

○刺激臭がある。

○蒸気は有毒である。

○熱や光で分解しメタンと一酸化炭素になる。
酸化プロピレン 水溶性 -37 449 ○エーテル臭がする。

○銅などの金属で「重合」する性質がある。

※重合:他の化合物と結合してさらに大きな化合物を生成すること。


3.特殊引火物に共通する事項

○常温(20℃)で引火する危険性がある。

○無色である。 ○ジエチルエーテル・アルコールなどの有機溶剤に良く溶ける。

以上が特殊引火物の解説だが、本試験で特殊引火物は特に出題頻度が高いのですべて覚えるようにすること。


教官から一言
この節では特殊引火物の種類・特性などの細かい内容を特訓したが、前述したように本試験で頻繁に
出題される。
第4類危険物の中で特に危険度が高い物質なので出題率が高いのは当然のことである。
細部までしっかりと内容を覚えるようにするのだ。

スポンサーリンク

本試験要点チェック ~理解度を確認するのだ~

特殊引火物について、以下の質問(または空欄)に答えよ。答えは問題文をクリック

特殊引火物とは、1気圧において発火点が[ ]以下。または引火点が[ ]℃以下、且つ沸点が[ ]以下のものと定義される物質である。

特殊引火物とは、1気圧において発火点が100℃以下。または引火点が-20℃以下、且つ沸点が40℃以下のものと定義される物質である

特殊引火物の指定数量はすべて[ ]Lである。

特殊引火物の指定数量はすべて50Lである

特殊引火物の色はすべて[ ]色である。

特殊引火物の色はすべて無色である

[ ]は引火点が-45℃であり、第4類危険物の中で最も低い引火点を持つ物質である。

ジエチルエーテルは引火点が-45℃であり、第4類危険物の中で最も低い引火点を持つ物質である。

※ジエチルエーテルは第4類危険物の中で最も引火点が低い。

[ ]は沸点が20℃であり、第4類危険物の中で最も低い沸点を持つ物質である。

アセトアルデヒドは沸点が20℃であり、第4類危険物の中で最も低い沸点を持つ物質である

※アセトアルデヒドは第4類危険物の中で最も沸点が低い。

[ ]と[ ]は非水溶性の特殊引火物である。

ジエチルエーテル二硫化炭素は非水溶性の特殊引火物である

[ ]と[ ]は水溶性の特殊引火物である。

アセトアルデヒド酸化プロピレンは水溶性の特殊引火物である

[ ]は発火点が90℃であり、第4類危険物で唯一の発火点100℃以下の物質である。

二硫化炭素は発火点が90℃であり、第4類危険物で唯一の発火点100℃以下の物質である

※二硫化炭素は第4類危険物の中で最も発火点が低い。

[ ]は液比重が1.26であり、水に沈む物質である。

二硫化炭素は液比重が1.26であり、水に沈む物質である

※二硫化炭素は「水より重い」→本試験で頻出します。

[ ]は銅などの金属で重合が促進されやすい物質である。

酸化プロピレンは銅などの金属で重合が促進されやすい物質である

重合:他の化合物と結合してさらに大きな化合物を生成すること。

[ ]は刺激臭があり、蒸気に有毒な成分が含まれる物質である。

アセトアルデヒドは刺激臭があり、蒸気に有毒な成分が含まれる物質である

[ ]は日光や空気に長時間さらすと特に危険な物質である。

ジエチルエーテルは日光や空気に長時間さらすと特に危険な物質である

[ ]はその特性上、水没させて貯蔵する物質である。

二硫化炭素はその特性上、水没させて貯蔵する物質である