スポンサーリンク

第4類危険物に共通する火災予防および消火方法

この節での特訓内容
1.第4類危険物に共通する火災予防方法
2.第4類危険物に共通する消火方法

この節では第4類危険物に共通する火災予防および消火方法を特訓する。
これまで第4類危険物の特性を特訓してきた人なら火災予防や消火方法を理解することはそれほど難しくないであろう。
なぜならこれまで行ってきた特訓はすべて「危険物取扱者になり危険物から人の命を守る」ために行ってきたのだからだ。
火災予防や消火方法についても今まで特訓してきた内容と重複するところもあるがしっかりと内容を整理するのだ。
では特訓開始。


1.第4類危険物に共通する火災予防方法

1.火気を避ける

火気や高温体との接触を避けて加熱しないようにする。

2.みだりに蒸気を発生させない

やむを得ず可燃性蒸気が発生してしまう場合は、低所に滞留している蒸気を屋外の高所へ排出するようにする。

もしくは、風通しを良くして可燃性蒸気が燃焼範囲下限値より低くなるようにする。

※屋外の高所から可燃性蒸気を排出する理由:
高所から低所へ可燃性蒸気が降下する際、徐々に蒸気密度が薄まっていくため。

3.容器は密栓して冷暗所に貯蔵する。

○液体や可燃性蒸気を漏洩させないため容器は密封する。

○特殊引火物など引火点が低い物質については特に直射日光を避ける

○危険物の体膨張を考慮して容器には所要の空間容積をとること。

4.静電気対策をする

○危険物の流動などで静電気が発生する場合はアースなどで静電気を除去する。

○かくはんや注入は流速を下げて静電気の発生を抑制する。

○作業着などは合成繊維のものを避け、帯電防止加工のものを着用する。


2.第4類危険物に共通する消火方法

第4類危険物の火災には窒息消火または抑制消火を行う

※水による冷却消火 → 油が水に浮いて拡散して火災が広がる恐れ有り。

※油の除去消火   → 油のみ除去することは極めて困難である。

第4類危険物で行ってはいけない消火方法。

○強化液消火剤の状放射。

水の注水

教官から一言
この節では第4類危険物の共通する火災予防および消火方法についての特訓をしたが内容はこれまでに特訓したものと重複するものが多く再確認の意味合いが強い。
基本的な事柄が多いのでこれまでしっかりと特訓を行っていればさほど難しい所はない。
この節からの問題は確実に得点できるように準備するのだ。

スポンサーリンク

第4類危険物に共通する火災予防および消火方法について、以下の質問(または空欄)に答えよ。答えは問題文をクリック

第4類危険物に有効な消火方法は[ ]消火および[ ]消火である。

第4類危険物に有効な消火方法は窒息消火および抑制消火である

※第4類危険物の火災は当然「油火災」である。

強化液消火剤の[ ]放射や[ ]による消火は被害を拡大させる恐れがある。

強化液消火剤の棒状放射水による消火は被害を拡大させる恐れがある

※第4類危険物で行ってはいけない消火方法である。

油火災で、[ ]のみ除去するすることは極めて困難である。

油火災で、のみ除去するすることは極めて困難である

以下の第4類危険物に共通する火災予防方法を答えよ。

[ ]や高温体を避ける。

火気や高温体を避ける

みだりに[ ]蒸気を発生させない。

みだりに可燃性蒸気を発生させない

滞留した可燃性蒸気は屋外の[ ]所へ排出する。

滞留した可燃性蒸気は屋外の高所へ排出する

※高所から低所へ可燃性蒸気を排出して、その濃度を薄める。

風通しを良くして可燃性蒸気濃度を[ ]の下限値より低くする。

風通しを良くして可燃性蒸気濃度を燃焼範囲の下限値より低くする

液体や可燃性蒸気を漏洩させないため収納容器は[ ]する。

液体や可燃性蒸気を漏洩させないため収納容器は密閉する

特殊引火物など引火点が低い物質は特に直射[ ]を避ける。

特殊引火物など引火点が低い物質は特に直射日光を避ける

危険物の流動などで静電気が発生する場合は、[ ]をして静電気を除去する。

危険物の流動などで静電気が発生する場合は、接地(アース)をして静電気を除去する

危険物のかくはんや注入は、流速を[ ]げて静電気の発生を抑制する。

危険物のかくはんや注入は、流速を下げて静電気の発生を抑制する

作業着などは[ ]のものを避けて帯電を防止する。

作業着などは合成繊維のものを避けて帯電を防止する