スポンサーリンク

火災の種類と消火器

この節での特訓内容
1.火災の区分
2.消火器の表示
3.消火器の種類と効果・特徴
4.消火器の短所一覧

この節では火災の種類と消火器の種類や特徴を特訓する。
火災にも色々な種類の火災がありそれに応じた消火器もある。
特定の火災に対応していない消火器で消火活動を行うと消火するどころか逆に被害が拡大してしまう恐れがあるので注意が必要となる。
しっかりと火災の種類と消火器の特徴を理解するのだ。
では特訓開始。


1.火災の区分

1.普通火災(A火災)

紙・木材・布などの繊維など普通可燃物の火災。

2.油火災(B火災)

ガソリンなどの可燃性液体による火災。

3.電気火災(C火災)

電線・変圧器・モーターなどの電気設備の故障等による火災。

以上が火災の3区分となる。



2.消火器の表示

消火器には、前述したA・B・C火災にそれぞれ適応した消火器表示をする必要がある。

以下がその消火器表示になる。

A火災(普通火災)
B火災(油火災)
C火災(電気火災)


3.消火器の種類と特徴

消火器にはそれぞれの火災に適応した様々なものがある。

以下に消火器の種類と消火効果および適応火災についてまとめた。

消火器の種類 消火効果 普通火災 油火災 電気火災 解説
冷却
 
■普通火災には「棒状」放射。

■電気火災には「霧状」放射。

油火災に使用してしまうと油が水に浮いて炎が広がり被害が拡大してしまう恐れがある
強化液 冷却
抑制



■普通火災には「棒状」放射。

■油・電気火災には「霧状」放射
冷却
窒息
  二酸化炭素の泡で表面を覆う。

■一般の泡消火器ではアルコールなどの消泡性液体には効果が無い

※耐アルコール泡消火剤を使用して対応する。
二酸化炭素 冷却
窒息
  酸素濃度を低下させる。

密閉された狭い空間で使用すると酸素が薄くなり人体に悪影響を及ぼすことがある

電気の不導体であり電気火災にも有効。
ハロゲン化物 窒息
抑制
  電気の不導体であり電気火災にも有効。
粉末 窒息
抑制
電気の不導体であり電気火災にも有効。

以上が消火器の種類と効果だが、本試験では消火器の有効性よりも消火器の「短所の方」がよく出題される。

(例)油火災には水消火器が有効である。←不正解。

特定の火災に不適切とされる消火器および消火方法をしっかりと理解するのだ。


教官から一言
この節では火災の区分および消火器の種類と特徴を特訓したが、特に本試験で必要とされる知識は各消火器の短所だ。
水消火器は油火災に不向き、強化液消火器の棒状放射は油火災の被害を拡大するなどは消火器の特徴においての超重要項目だ。
逆に言うとそれ以外は覚える必要がほぼ無い。
各消火器の短所は確実に理解するのだ。

スポンサーリンク

本試験要点チェック ~理解度を確認するのだ~

消火の種類と消火器について、以下の質問(または空欄)に答えよ。答えは問題文をクリック

紙・木材・布などの繊維など普通可燃物の火災のことを[ ]火災という。

紙・木材・布などの繊維など普通可燃物の火災のことを普通火災(A火災)という

ガソリンなどの可燃性液体による火災のことを[ ]火災という。

ガソリンなどの可燃性液体による火災のことを油火災(B火災)という

電線・変圧器・モーターなどの電気設備の故障等による火災のことを[ ]火災という。

電線・変圧器・モーターなどの電気設備の故障等による火災のことを電気火災(C火災)という

水消火器および強化液消火器で普通火災(A火災)を消火するには、[ ]放射が有効である。

棒状放射が有効である

[ ]消火器は、アルコールなどの消泡性の可燃物の消火には不向きである。

泡消火器は、アルコールなどの消泡性の可燃物の消火には不向きである

※耐アルコール泡消火剤を使用して対応する。

[ ]消火器は、密閉された狭い空間で使用すると酸素欠乏により人体に悪影響を及ぼす恐れがある。

二酸化炭素消火器

[ ]消火器は、油火災(B火災)に使用すると火災を拡大させてしまう恐れがある。

水消火器

※油が水に浮いて炎が広がるため、被害が拡大する恐れ有り。

[ ]消火器は、電気火災(C火災)に不向きである。

泡消火器

強化液消火器で油火災(B火災)と電気火災(C火災)を消火するには、[ ]放射が有効である。

霧状放射が有効である