スポンサーリンク

乙4法令関係練習問題5

ここでは法令関係の練習問題4を解いて理解の確認を行います。
練習問題の範囲は
1.給油取扱所(ガソリンスタンド)
2.セルフ式給油取扱所(セルフ式ガソリンスタンド)
3.移送取扱所(パイプライン)
4.販売取扱所
です。
製造所等の問題範囲は結構広いのでがんばってください。
では特訓開始。

以下の問題文にある空欄[ ]または設問に答えよ。答えは解答・解説をクリック

問題1

給油取扱所には、[ ]距離および[ ]空地を必要としない。

解答・解説

給油取扱所には保安距離および保有空地を必要としない

※給油取扱所には給油空地や注油空地が個別に設けられているため、保安距離および保有空地は必要ありません。

問題2

給油取扱所には、自動車等が出入りするための間口[ ]m以上、奥行き[ ]m以上の給油空地を保有する必要がある。

解答・解説

給油取扱所には、自動車等が出入りするための間口10m以上、奥行き6m以上の給油空地を保有する必要がある

※設問の通り、間口10m以上、奥行き2m以上の給油空地が必要です。

問題3

給油取扱所において、灯油などを容器に詰め替える際に必要な注油空地を[ ]以外の場所に保有する必要がある。

解答・解説

給油取扱所において、灯油などを容器に詰め替える際に必要な注油空地を給油空地以外の場所に保有する必要がある

※注油空地は給油空地以外の場所に保有する必要があります。

問題4

給油取扱所の周囲の塀または壁の高さは[ ]m以上とする。

解答・解説

給油取扱所の周囲の塀または壁の高さは2m以上とする

※給油取扱所の間口側以外の塀または壁は、耐火構造または不燃材料で作りその高さは2m以上とします。

問題5

給油取扱所には固定給油設備・固定注油設備に接続する地下専用タンク、または[ ]L以下の地下廃油タンクを設けることができる。

解答・解説

給油取扱所には固定給油設備・固定注油設備に接続する地下専用タンク、または10000L以下の地下廃油タンクを設けることができる

※給油取扱所における地下廃油タンクの容量は10000L以下となります。
ちなみに地下専用タンクには容量制限はありません。

問題6

給油取扱所における給油ホースまたは注油ホースの長さはそれぞれ[ ]m以下とし、ホースの先端には[ ]を除去する装置を設ける。

解答・解説

給油取扱所における給油ホースまたは注油ホースの長さはそれぞれ5m以下とし、ホースの先端には静電気を除去する装置を設ける

※本試験での固定給油・注油ホースの基準は「長さ」が重要となります。

問題7

給油取扱所には一般的な掲示板や標識のほかに「給油中[ ]停止」の掲示板を表示する。

解答・解説

給油取扱所には一般的な掲示板や標識のほかに「給油中エンジン停止」の掲示板を表示する

※設問の通り、「給油中エンジン停止」の掲示板を掲げます。

問題8

給油取扱所内には、給油または自動車の点検・修理のために出入りする者が利用するための[ ]や[ ]店または展示場を設けることができる。

解答・解説

給油取扱所内には、給油または自動車の点検・修理のために出入りする者が利用するための店舗飲食店または展示場を設けることができる

※ガソリンスタンドで自動車の修理など、待ち時間が長い時に飲食店や展示場で時間を潰しましょう。

問題9

給油取扱所では[ ]等が居住するための住居を設けることができる。

解答・解説

給油取扱所では所有者等が居住するための住居を設けることができる

※あくまでも所有者等(所有者や占有者など)の住居であり、一般従業員のための住居は設置できない。

問題10

給油取扱所における地下貯蔵タンクの計量口や元弁・ふたなどは通常[ ]する。

解答・解説

給油取扱所における地下貯蔵タンクの計量口や元弁・ふたなどは通常閉鎖(閉栓)する

※他の危険物施設と同様に計量口や元弁・ふた・弁などは通常閉鎖(閉栓)します。

問題11

自動車等に給油する場合は、固定給油設備を使用して直接給油するが、自動車等の一部または全部が[ ]からはみ出たままで給油しない。

解答・解説

自動車等に給油する場合は、固定給油設備を使用して直接給油するが、自動車等の一部または全部が給油空地からはみ出たままで給油しない

※自動車等への給油および容器等への注油を行う場合は、給油空地や注油空地から自動車等やタンクなどがはみ出してはいけません。

問題12

給油取扱所の専用タンクに危険物を注入する場合は、その専用タンクに接続されている固定給油設備または固定注油設備の使用を[ ]する。

解答・解説

油取扱所の専用タンクに危険物を注入する場合は、その専用タンクに接続されている固定給油設備または固定注油設備の使用を中止する

※給油取扱所の専用タンクに大型タンクローリーなどでガソリン等を補給する際は、その専用タンクに接続されている固定給油設備などの使用を中止し、自動車等を注油口に近づけないようにします。

問題13

自動車等の洗浄を行う場合には、[ ]を有する液体の洗剤を使用しない。

解答・解説

自動車等の洗浄を行う場合には、引火点を有する液体の洗剤を使用しない

※自動車等を洗浄する場合は引火点を有しない(燃える危険性が無い)洗剤を使用します。

問題14

給油取扱所において、飲食や物品の販売などは、原則として建物の[ ]階部分で行う。

解答・解説

給油取扱所において、飲食や物品の販売などは、原則として建物の1階部分で行う

※給油取扱所においての物品の販売などは原則建物の1階部分で行います。

問題15

給油取扱所において、貯留装置や油分離装置に溜まった危険物は、あふれないように[ ]くみ上げる。

解答・解説

給油取扱所において、貯留装置や油分離装置に溜まった危険物は、あふれないように随時くみ上げる

※貯留装置などに溜まった危険物のくみ上げ頻度は「随時」です。

問題16

セルフ式給油取扱所において、顧客自らが給油を行うことが分かるように[ ]などの表示を見やすい場所に行う必要がある。

解答・解説

セルフ式給油取扱所において、顧客自らが給油を行うことが分かるようにセルフ式・セルフスタンドなどの表示を見やすい場所に行う必要がある

※セルフ式給油取扱所の場合、セルフ式給油取扱所である旨の表示をする必要があります。

問題17

セルフ式給油取扱所において、顧客用固定給油設備および顧客用注油設備の周りの地盤面に、自動車等の[ ]や容器の置き場所を表示する必要がある。

解答・解説

セルフ式給油取扱所において、顧客用固定給油設備および顧客用注油設備の周りの地盤面に、自動車等の停車位置や容器の置き場所を表示する必要がある

※セルフ式給油取扱所では、各所に様々な表示をすることによって顧客が視覚的に状況を判断できるようにして、事故を未然に防止する必要があります。

問題18

セルフ式給油取扱所において、顧客用固定給油設備および顧客用固定注油設備のホース等の見やすい場所に、ホース等の[ ]や危険物の[ ]を表示する必要がある。

解答・解説

セルフ式給油取扱所において、顧客用固定給油設備および顧客用固定注油設備のホース等の見やすい場所に、ホース等の使用方法や危険物の品目を表示する必要がある

※セルフ式給油取扱所では給油設備の使用方法など分かりやすい情報を提供する必要があります。

問題19

セルフ式給油取扱所において、顧客用固定給油設備および顧客用固定注油設備とそれぞれのホースには彩色を施す必要がある。
ハイオクガソリンには[ ]色、レギュラーガソリンには[ ]色、灯油には[ ]色、軽油には[ ]色の彩色を行う。

解答・解説

セルフ式給油取扱所において、顧客用固定給油設備および顧客用固定注油設備とそれぞれのホースには彩色を施す必要がある。
ハイオクガソリンには「」色、レギュラーガソリンには「」色、灯油には「青」色、軽油には「」色の彩色を行う

※品目ごとにそれぞれの彩色を行い、顧客が給油等の品目を間違えないように工夫する必要があります。

問題20

セルフ式給油取扱所において、給油ノズルは給油時に[ ]を取り除く構造とする。

解答・解説

セルフ式給油取扱所において、給油ノズルは給油時に静電気を取り除く構造とする

※給油ノズルは、人の体に蓄積された静電気を有効に除去して事故を未然に防止するための構造である必要があります。

問題21

セルフ式給油取扱所において、顧客用固定給油設備および顧客用固定注油設備は、地震時に自動的に[ ]する構造とする。

解答・解説

セルフ式給油取扱所において、顧客用固定給油設備および顧客用固定注油設備は、地震時に自動的に停止する構造とする

※地震などの災害に対応できる構造とする必要があります。

問題22

セルフ式給油取扱所において、給油ノズルは自動車等の燃料が[ ]になった場合に自動的に停止する構造とする。

解答・解説

セルフ式給油取扱所において、給油ノズルは自動車等の燃料が満タン・満量になった場合に自動的に停止する構造とする

※自動車等に給油する際に、ガソリンが漏れ出すことを防止する構造とする必要があります。

問題23

セルフ式給油取扱所において、1回の連続した給油量や給油時間の[ ]を設定できる構造とする。

解答・解説

セルフ式給油取扱所において、1回の連続した給油量や給油時間の上限を設定できる構造とする

※給油(注油)量や給油(注油)時間の上限をあらかじめ設定できる構造にする必要があります。

問題24

セルフ式給油取扱所において、顧客用固定給油設備で顧客が自ら[ ]を容器に詰め替えることはできない。

解答・解説

セルフ式給油取扱所において、顧客用固定給油設備で顧客が自らガソリンを容器に詰め替えることはできない

※設問の通り、顧客用固定給油設備で顧客自らがガソリンを容器へ詰め替えることはできません。

問題25

移送取扱所(パイプライン)において、災害時の避難空地や[ ]道および道路の[ ]内などに設置することはできない。

解答・解説

移送取扱所(パイプライン)において、災害時の避難空地や鉄道および道路のトンネル内などに設置することはできない

※移動取扱所は災害時の避難空地・鉄道・トンネル内・高速自動車国道・河川区域などには設置することはできません。

問題26

移送取扱所(パイプライン)において、移送のための配管を市街地の道路下に埋没させる場合は深さを[ ]m以上、市街地以外の道路下に埋没させる場合は深さを[ ]m以上にする必要がある。

解答・解説

移送取扱所(パイプライン)において、移送のための配管を市街地の道路下に埋没させる場合は深さを1.8m以上、市街地以外の道路下に埋没させる場合は深さを1.5m以上にする必要がある

※移送取扱所を設置する場合、市街地の道路下の方が基準が厳しく(深く埋没させる)なります。

問題27

移送取扱所を地上に設置する場合は、配管の両側に一定の[ ]を設ける。

解答・解説

移送取扱所を地上に設置する場合は、配管の両側に一定の保有空地を設ける

※移送取扱所を地上に設定する場合は配管の両側に保有空地を設ける必要があります。
保有空地の幅は配管に係る圧力によって様々です。
ちなみに0.3MPa未満→5m以上、0.3MPa以上1MPa未満→9m以上、1MPa以上→15m以上です。

問題28

移送取扱所を地上に設置する場合、配管は[ ]面に接しないようにする。

解答・解説

移送取扱所を地上に設置する場合、配管は地盤]面に接しないようにする

※移送取扱所を地上に設定する場合、配管は地盤面に接しないようにする必要があります。

問題29

販売取扱所は取り扱う指定数量数量の倍数によって第1種販売取扱所と第2種販売取扱所に区分される。
第1種販売取扱所の指定数量数量の倍数は[ ]以下である。

第2種販売取扱所の指定数量数量の倍数は[ ]超[ ]以下である。

解答・解説

販売取扱所は取り扱う指定数量数量の倍数によって第1種販売取扱所と第2種販売取扱所に区分される。
第1種販売取扱所の指定数量数量の倍数は15以下である。

第2種販売取扱所の指定数量数量の倍数は1540以下である

※販売取扱所を区分するのは指定数量数量の倍数です。
当然に指定数量の倍数が大きい第2種販売取扱所の方が規制が厳しくなります。

問題30

販売取扱所において、店舗は建築物の[ ]階に設ける。

解答・解説

販売取扱所において、店舗は建築物の1階に設ける

※販売取扱所は危険物の配合などを行う際に蒸気が滞留する恐れがあり、地階や2階以上の階に店舗を設置することができません。

問題31

販売取扱所において、配合室の床面積は[ ]㎡以上[ ]㎡以下にする。

解答・解説

販売取扱所において、配合室の床面積は6㎡以上10㎡以下にする

※販売取扱所全体の床面積ではなく「配合室」の床面積なので混同しないよう注意しましょう。

問題32

販売取扱所において、配合室の出入り口の敷居の高さは床面から[ ]m以上とする。

解答・解説

販売取扱所において、配合室の出入り口の敷居の高さは床面から0.1m以上とする

※設問の通り、敷居の高さは床面から0.1m以上とします。

問題33

販売取扱所において、危険物は決められた容器に収容し、[ ]のままで販売する。

解答・解説

販売取扱所において、危険物は決められた容器に収容し、容器入りのままで販売する

※危険物を販売する場合は、危険物に応じた容器に収容して容器入りのまま販売します。

問題34

販売取扱所において、危険物の配合・詰替えは[ ]以外では行わない。

解答・解説

販売取扱所において、危険物の配合・詰替えは配合室以外では行わない

※危険物の配合等は配合室以外で行ってはいけません。

スポンサーリンク

教官助手から一言
お疲れ様でした。
間違えたところがあったら繰り返し問題を解いて全問正解を目指しましょう。
理解できない所があれば最特訓して理解を深めよう。