スポンサーリンク

乙4法令関係練習問題4

ここでは法令関係の練習問題4を解いて理解の確認を行います。
練習問題の範囲は
1.簡易タンク貯蔵所
2.移動タンク貯蔵所(タンクローリー)
です。
製造所等の問題範囲は結構広いのでがんばってください。
では特訓開始。

以下の問題文にある空欄[ ]または設問に答えよ。答えは解答・解説をクリック

問題1

簡易タンク貯蔵所は原則[ ]に設置し、その周囲には[ ]m以上の保有空地を必要とする。

解答・解説

簡易タンク貯蔵所は原則屋外に設置し、その周囲には1m以上の保有空地を必要とする

※簡易タンク貯蔵所には保有空地が必要となりますが、保安距離は必要ありません。

問題2

1つの簡易タンク貯蔵所には貯蔵タンクを[ ]基まで設置することが出来るが、同一品質の危険物の貯蔵タンクは[ ]基以上設置することが出来ない。

解答・解説

1つの簡易タンク貯蔵所には貯蔵タンクを3基まで設置することが出来るが、同一品質の危険物の貯蔵タンクは2基以上設置することが出来ない

※同一品質の危険物の簡易タンクは1基しか設置することが出来ません。

問題3

簡易タンク貯蔵所において、圧力タンク以外の簡易貯蔵タンクには[ ]通気管を設け、その高さは地上から[ ]m以上とする。

解答・解説

簡易タンク貯蔵所において、圧力タンク以外の簡易貯蔵タンクには無弁通気管を設け、その高さは地上から1.5m以上とする

※通気管には無弁通気管を設け、地上1.5m以上の高さになるようにします。

問題4

簡易タンク貯蔵所において、簡易貯蔵タンクの計量口は通常[ ]する。

解答・解説

簡易タンク貯蔵所において、簡易貯蔵タンクの計量口は通常閉鎖(閉栓)する

※他の貯蔵タンク同様、計量口や弁などがある場合は通常閉鎖(閉詮)します。

問題5

簡易タンク貯蔵所において、簡易貯蔵タンク1基の貯蔵量は[ ]L以下とする。

解答・解説

簡易タンク貯蔵所において、簡易貯蔵タンク1基の貯蔵量は600L以下とする

※簡易貯蔵タンクの容量は1基につき600L以下となります。

問題6

移動タンク貯蔵所を屋内に常置する場合、耐火構造もしくは不燃材料で造った建築物の[ ]階に常置する。

解答・解説

移動タンク貯蔵所を屋内に常置する場合、耐火構造もしくは不燃材料で造った建築物の1階に常置する

※移動タンク貯蔵所の設置場所の基準として、屋外の場合は防火上安全な場所に常置することとなっています。
また保安距離や保有空地は必要ありません。

問題7

移動タンク貯蔵所のタンク容量は[ ]L以下とし、タンク内部に[ ]L以下ごとに危険物を区切ることが出来るように間仕切板を設ける。
また[ ]L以上の容量のタンク室(間仕切りされた部分)は防波板を設ける。

解答・解説

移動タンク貯蔵所のタンク容量は30000L以下とし、タンク内部に4000L以下ごとに危険物を区切ることが出来るように間仕切板を設ける。
また2000L以上の容量のタンク室(間仕切りされた部分)は防波板を設ける

※移動タンク貯蔵所の貯蔵タンク構造は、構造と容量をセットで覚えるようにしましょう。
貯蔵タンク総容量:30000L以下。
間仕切板:4000L以下。(間仕切板で区切られている1つの空間を「タンク室」と言います)
防波板 :2000L以下。

問題8

移動貯蔵タンクの下部にある排出口の底弁には、非常時に速やかに底弁が閉鎖できるよう、手動または自動の[ ]を設ける。

解答・解説

移動貯蔵タンクの下部にある排出口の底弁には、非常時に速やかに底弁が閉鎖できるよう、手動または自動の閉鎖装置を設ける

※手動閉鎖装置にはレバーを設けます。

問題9

移動タンク貯蔵所において、移動貯蔵タンクに液体の危険物を貯蔵・取扱いしている場合、[ ]による災害を防止するため接地導線を設ける。

解答・解説

移動タンク貯蔵所において、移動貯蔵タンクに液体の危険物を貯蔵・取扱いしている場合、静電気による災害を防止するため接地導線を設ける

※引火性の高い液体の危険物を貯蔵・取扱いする場合は、静電気防止のためアース(接地)設備を設けます。

問題10

移動タンク貯蔵所において、移動貯蔵タンクの上部にマンホールや安全装置などが突出している場合、それらを保護するために[ ]枠や[ ]枠を設ける。

解答・解説

移動タンク貯蔵所において、移動貯蔵タンクの上部にマンホールや安全装置などが突出している場合、それらを保護するために防護枠や側面枠を設ける

※解答の通り貯蔵タンク上部の設備を保護するために、防護枠や側面枠を設置します。

問題11

移動タンク貯蔵所において、移動貯蔵タンクの底弁のふたは、通常[ ]する。

解答・解説

移動タンク貯蔵所において、移動貯蔵タンクの底弁のふたは、通常閉鎖(閉栓)する

※設備関係で開閉できるものは通常、閉鎖(閉詮)します。

問題12

移動タンク貯蔵所において、移動貯蔵タンクから液体の危険物を容器に詰替えることはできないが、引火点が[ ]℃以上の第4類危険物は一定の容器に詰替えることが出来る。

解答・解説

移動タンク貯蔵所において、移動貯蔵タンクから液体の危険物を容器に詰替えることはできないが、引火点が40℃以上の第4類危険物は一定の容器に詰替えることが出来る

※移動タンク貯蔵所においては、貯蔵または取扱う危険物の引火点が40℃を境目として、取扱いの基準が変わるものがあります。

問題13

移動貯蔵タンクから他のタンクへ引火点[ ]℃未満の危険物を注入するときは移動タンク貯蔵所のエンジンを停止させる。

解答・解説

移動貯蔵タンクから他のタンクへ引火点40℃未満の危険物を注入するときは移動タンク貯蔵所のエンジンを停止させる

※問題12と同様に移動タンク貯蔵所においては、貯蔵または取扱う危険物の引火点が40℃を境目として取扱いの基準が変わるものがあります。

問題14

静電気による災害が発生する恐れがある液体の危険物を移動貯蔵タンクに注入する場合は、[ ]を施す。

解答・解説

静電気による災害が発生する恐れがある液体の危険物を移動貯蔵タンクに注入する場合は、アース(接地)を施す

※アース(接地は)静電気による災害を防止するための基本的な措置となり、あらゆる設備において有効な手段となります。

問題15

移動タンク貯蔵所には、移送する危険物を取扱うことが出来る[ ]が乗車する必要がある。

解答・解説

移動タンク貯蔵所には、移送する危険物を取扱うことが出来る危険物取扱者が乗車する必要がある

※移動タンク貯蔵所には移送している危険物を取扱える危険物取扱者が乗車する必要があります。

問題16

移動タンク貯蔵所に乗車する危険物取扱者は[ ]を携帯しなければならない。

解答・解説

移動タンク貯蔵所に乗車する危険物取扱者は危険物取扱者免状を携帯しなければならない

※移動タンク貯蔵所には、移送する危険物を取扱える危険物取扱者乗車し、その危険物取扱者は危険物取扱者免状を携帯しなければなりません。
※危険物取扱者免状の携帯義務は他の製造所等では特になく、移動タンク貯蔵所に乗車する場合のみとなります。

問題17

移動タンク貯蔵所で移送する時間が長時間に及ぶ場合は、原則として[ ]名の運転要員が必要となる。

解答・解説

移動タンク貯蔵所で移送する時間が長時間に及ぶ場合は、原則として2名の運転要員が必要となる

※長時間の移送(タンクローリーの長時間運転)には原則2名の運転要員を確保する必要があります。
※長時間運転:1人の連続運転時間が4時間を越える場合または1人で1日9時間を超える運転。

問題18

移動タンク貯蔵所で移送を行う場合、車両の前後に[ ]m平方以上[ ]m平方以下の黒色の板に黄色の反射塗料の「危」と表示した標識を掲げる。

解答・解説

移動タンク貯蔵所で移送を行う場合、車両の前後に0.3m平方以上0.4m平方以下の黒色の板に黄色の反射塗料の「危」と表示した標識を掲げる

※車両の前後に規定サイズの標識を掲げます。

問題19

移動タンク貯蔵所で移送を行う場合、粉末消火器など[ ]個以上の消火器を備える必要がある。

解答・解説

移動タンク貯蔵所で移送を行う場合、粉末消火器など2個以上の消火器を備える必要がある

※移動タンク貯蔵所には粉末消火器またはその他の消火器を2個以上備える必要があります。

問題20

移動タンク貯蔵所で移送を行う場合に備える必要がある書類は以下の4点である。

1.[ ]証。

2.[ ]記録。

3.[ ]の届出書。

4.[ ]または[ ]の倍数の変更届出書。

解答・解説

移動タンク貯蔵所で移送を行う場合に備える必要がある書類は以下の4点である。

1.完成検査済証。

2.定期点検記録。

3.譲渡・引渡しの届出書

4.品名・数量または指定数量の倍数の変更届出書

※移動タンク貯蔵所で備え付けが必要な書類は以上の4点です。
本試験でもよく出題されるのですべて覚えるようにしましょう。

問題21

特に必要と認められた場合、移動タンク貯蔵所に乗車している危険物取扱者は、警察官または[ ]に免状の提示を行う必要がある。

解答・解説

特に必要と認められた場合、移動タンク貯蔵所に乗車している危険物取扱者は、警察官または消防吏員に免状の提示を行う必要がある

※消防吏員(しょうぼうりいん):消防本部に勤務する消防職員のうち消火・救急・救助・査察などの業務を行う者をいいます。

スポンサーリンク

教官助手から一言
お疲れ様でした。
間違えたところがあったら繰り返し問題を解いて全問正解を目指しましょう。
理解できない所があれば最特訓して理解を深めよう。