スポンサーリンク

乙4法令関係練習問題1

ここでは法令関係の練習問題1を解いて理解の確認を行います。
練習問題の範囲は
1.消防法上の危険物
2.第1類から第6類までの分類と性質
3.第4類危険物の品名・性質等
4.指定数量および指定数量の倍数
です。
そんなに難しくはないと思いますので満点をねらっていきましょう。
では特訓開始。

以下の問題文にある空欄[ ]または設問に答えよ。答えは解答・解説をクリック

問題1

消防法上の危険物は「別表の品名欄に掲げる物品で、同表に定める区分に応じ同表の[  ]欄に掲げる[  ]を有するもの」と定義されている。

解答・解説

消防法上の危険物は、「別表の品名欄に掲げる物品で、同表に定める区分に応じ同表の性質欄に掲げる性状を有するもの」と定義されている。

※本試験でそのまま設問文になるぐらい重要な定義である。丸暗記するのだ。

問題2

消防法上の危険物は、1気圧20℃において[ ]体または[ ]体である。

解答・解説

消防法上の危険物は、1気圧20℃において固体または液体である

※気体はない。

問題3

消防法別表第1の類別欄にある第1類の性質を答えよ。

解答・解説

酸化性固体

問題4

消防法別表第1の類別欄にある第2類の性質を答えよ。

解答・解説

可燃性固体

問題5

消防法別表第1の類別欄にある第3類の性質を答えよ。

解答・解説

自然発火性物質および禁水性物質

問題6

消防法別表第1の類別欄にある第4類の性質を答えよ。

解答・解説

引火性液体

問題7

消防法別表第1の類別欄にある第5類の性質を答えよ。

解答・解説

自己反応性物質

問題8

消防法別表第1の類別欄にある第6類の性質を答えよ。

解答・解説

酸化性液体

問題9

以下はどの類の説明として適切か答えよ。
「それ自体は可燃性で、火炎によって発火しやすく、または比較的低温で引火しやすい固体」

解答・解説

第2類(可燃性固体)

問題10

以下はどの類の説明として適切か答えよ。
「それ自体は燃焼しないが、酸化力が強い液体であり、混在する他の可燃物の燃焼を促進させる。腐食性を持つものが多いのも特徴の1つである」

解答・解説

第6類(酸化性液体)

問題11

以下はどの類の説明として適切か答えよ。
「空気にさらされると自然に発火し、または水と接触すると発火もしくは可燃性ガスを発生する固体または液体」

解答・解説

第3類(自然発火性物質および禁水性物質)

※第3類と第5類は本試験でよく出題される。

問題12

以下はどの類の説明として適切か答えよ。
「それ自体は燃焼しないが、酸素を含有しており他の物質を強く酸化させる性質を持つ固体である」

解答・解説

第1類(酸化性固体)

問題13

以下はどの類の説明として適切か答えよ。
「それ自体が燃焼し、引火性を有する液体である」

解答・解説

第4類(引火性液体)

問題14

以下はどの類の説明として適切か答えよ。
「酸素を含むものが多く、加熱・衝撃などで自己反応を起こして分解し、発熱ときには爆発的に反応が進行する固体または液体」

解答・解説

第5類(自己反応性物質)

※第3類と第5類は本試験でよく出題される。

問題15

第4類の危険物に定義されている品名を危険度の高い順に7つすべて答えよ。

解答・解説

1.特殊引火物
2.第1石油類
3.アルコール類
4.第2石油類
5.第3石油類
6.第4石油類
7.動植物油類

※第4類危険物(引火性液体)の品名(グループ)は随所に登場する。すべて覚えよう。

問題16

特殊引火物とは、1気圧において発火点が[ ]℃以下のもの、
または引火点が[ ]℃以下で沸点が[ ]℃以下のものをいう。

解答・解説

特殊引火物とは、1気圧において発火点が100℃以下のもの、
または引火点が-20℃以下で沸点が40℃以下のものをいう

※特殊引火物の定義は発火点や沸点の基準(通常は引火点のみ)が含まれているので注意が必要です。

問題17

第1石油類とは、1気圧において引火点が[ ]℃未満のものをいう。

解答・解説

第1石油類とは、1気圧において引火点が21℃未満のものをいう

※第1石油類から引火点による分類になります(アルコール類は除く)。

問題18

アルコール類とは、1分子を構成する炭素の原子が[ ]個から[ ]個までの飽和1価アルコールのことをいう。

解答・解説

アルコール類とは、1分子を構成する炭素の原子が1個から3個までの飽和1価アルコールのことをいう

※アルコール類の定義は少し特殊で、引火点や発火点による制限はありません。

問題19

第2石油類とは、1気圧において引火点が[ ]℃以上[ ]℃未満のものをいう。

解答・解説

第2石油類とは、1気圧において引火点が21℃以上70℃未満のものをいう

※第1、第2石油類や動植物油類のように「~油類」の定義はすべて、引火点よる定義が含まれます。

問題20

第3石油類とは、1気圧において引火点が[ ]℃以上[ ]℃未満のものをいう。

解答・解説

第3石油類とは、1気圧において引火点が71℃以上200℃未満のものをいう

※第1、第2石油類や動植物油類のように「~油類」の定義はすべて、引火点よる定義が含まれます。

問題21

第3石油類とは、1気圧において引火点が[ ]℃以上[ ]℃未満のものをいう。

解答・解説

第3石油類とは、1気圧において引火点が70℃以上200℃未満のものをいう

※第1、第2石油類や動植物油類のように「~油類」の定義はすべて、引火点よる定義が含まれます。

問題22

第4石油類とは、1気圧において引火点が[ ]℃以上[ ]℃未満のものをいう。

解答・解説

第4石油類とは、1気圧において引火点が200℃以上250℃未満のものをいう

※第1、第2石油類や動植物油類のように「~油類」の定義はすべて、引火点よる定義が含まれます。

問題23

動植物油類とは、植物の種子や果肉、動物の脂肉などから抽出したもので、1気圧において引火点が[ ]℃未満のものをいう。

解答・解説

動植物油類とは、植物の種子や果肉、動物の脂肉などから抽出したもので、1気圧において引火点が250℃未満のものをいう

※第1、第2石油類や動植物油類のように「~油類」の定義はすべて、引火点よる定義が含まれます。

問題24

第4類は品名によって、非水溶性と水溶性に区分される。
その中でもアルコール類は[ ]性のみの性質であり、第4石油類および動植物油類は[ ]性の性質のみとなる。

解答・解説

アルコール類は水溶性の性質のみ。
第4石油類および動植物油類は非水溶性の性質のみ。

※第4類危険物の非水溶性および水溶性の区別を明確にしておこう。

問題25

危険物を貯蔵・取扱いする際に、
消防法の規制を受けることとなる危険物の数量のことを[ ]という。

解答・解説

危険物を貯蔵・取扱いする際に、
消防法の規制を受けることとなる危険物の数量のことを指定数量という

※指定数量:危険物の危険性を勘案して政令で定める数量のことで、取扱いや貯蔵における規制の基準となる数量のことです。

問題26

危険性が高い危険物ほど指定数量は[ ]い。

解答・解説

危険性が高い危険物ほど指定数量は少ない

※危険性が高い危険物ほど取扱いや貯蔵できる数量は当然に少なくなります。

問題27

特殊引火物の指定数量を性質(非水溶性・水溶性)別に答えよ。

解答・解説

【特殊引火物の指定数量】
非水溶性・水溶性共に=50L

※特殊引火物のみ非水溶性・水溶性共に指定数量が同一数量となります。

問題28

第1石油類の指定数量を性質(非水溶性・水溶性)別に答えよ。

解答・解説

【第1石油類の指定数量】
非水溶性=200L
 水溶性=400L

※基本的に同じ品名で非水溶性と水溶性がある場合は、非水溶性の方が指定数量は少なく設定されています。
第4類危険物の中で同一品名で非水溶性および水溶性の指定数量が同じであるのは特殊引火物のみです。。

問題29

アルコール類の指定数量を答えよ。

解答・解説

【アルコール類の指定数量】
400L

※アルコール類の性質はすべて水溶性です。

問題30

第2石油類の指定数量を性質(非水溶性・水溶性)別に答えよ。

解答・解説

【第2石油類の指定数量】
非水溶性=1000L
 水溶性=2000L

問題31

第3石油類の指定数量を性質(非水溶性・水溶性)別に答えよ。

解答・解説

【第3石油類の指定数量】
非水溶性=2000L
 水溶性=4000L

問題32

第4石油類の指定数量を答えよ。

解答・解説

【第4石油類の指定数量】
非水溶性=6000L

※第4石油類の性質はすべて非水溶性です。

問題33

動植物油類の指定数量を答えよ。

解答・解説

【動植物油類の指定数量】
非水溶性=10000L

※動植物油類の性質はすべて非水溶性です。

問題34

製造所等で取扱いまたは貯蔵している危険物の数量を指定数量で割ることで算出したものを指定数量の[ ]と言う。

解答・解説

製造所等で取扱いまたは貯蔵している危険物の数量を指定数量で割ることで算出したものを指定数量の倍数と言う

※(取扱い・貯蔵数量) ÷ 指定数量 = 指定数量の倍数です。

問題35

指定数量の倍数について、適切な説明はA・B・Cの内どれか答えよ。

A:同一の製造所等で2種類以上の危険物を貯蔵または取扱いする場合は、危険度が最も高いものを基準に指定数量の倍数を算出する。

B:同一の製造所等で2種類以上の危険物を貯蔵または取扱いする場合は、数量が最も多い危険物を基準に指定数量の倍数を算出する。

C:同一の製造所等で2種類以上の危険物を貯蔵または取扱いする場合は、それぞれの危険物の指定数量の倍数を合計することにより算出する。

解答・解説

正解:

※それぞれの危険物の指定数量の倍数を合算します。。

問題36

危険物の貯蔵・取扱いについて、指定数量の倍数が[ ]以上になると消防法の規制を受ける。

解答・解説

以上

※指定数量の倍数が1未満でも市長村町の火災予防条例の基準があり、実際の現場では貯蔵・取扱い数量に制限があります。
※消防法上の規制 + 条例の規制が現実です。

問題37

同一の製造所等に以下の危険物が貯蔵されている。指定数量の倍数を計算せよ。

ガソリン1000L
灯油  2000L
重油  3000L

解答・解説

指定数量の倍数の合計=8.5

ガソリン1000Lの指定数量の倍数の合計は、1000L÷200L(ガソリンの指定数量)= 5
灯油  2000Lの指定数量の倍数の合計は、2000L÷1000L(灯油の指定数量)= 2
重油  3000Lの指定数量の倍数の合計は、3000L÷2000L(重油の指定数量)= 1.5
なので、 指定数量の倍数の合計はそれぞれを合算して8.5となる。

スポンサーリンク

教官助手から一言
お疲れ様でした。
間違えたところがあったら繰り返し問題を解いて全問正解を目指しましょう。
理解できない所があれば最特訓して理解を深めよう。