スポンサーリンク

危険物取扱者とは

この節での特訓内容
1.危険物取扱者の定義
2.危険物取扱者の種類と取扱い可能な危険物
3.危険物取扱者が行えること
4.危険物取扱者の責務

この節では この節では 今まさに貴君がなろうとしている危険物取扱者の概要を特訓する。
特に難しい箇所はない。安心せよ。

1、危険物取扱者とは 

都道府県知事が行う危険物取扱者試験に合格し、都道府県知事から危険物取扱者免状を交付された者を危険物取扱者という。
試験に合格しただけでは危険物取扱者ではないということ。

2、危険物取扱者の種類と取扱い可能な危険物

危険物取扱者の種類は3種類

甲種:第1類から第6類までの全ての危険物を取扱いが出来る。

乙種特定の類の危険物を取り扱うことが出来る。

丙種乙4類の特定の危険物のみ取り扱うことが出来る。
※乙4類の特定の危険物とは、ガソリン・灯油・軽油・第3石油類の一部・第4石油類・動植物油類。(特殊引火物・アルコール類は取り扱うことが出来ない)

3、危険物取扱者が行えること

1、自らが危険物を取扱うことが出来る。
2、甲種および乙種危険物取扱者は他人の危険物の取扱いの立会いをすることが出来る。
丙種危険物取扱者は立会いすることが出来ない

4、危険物取扱者の責務

自らが危険物の取扱いに従事する場合は、危険物の貯蔵・取扱いの技術上の基準を遵守し危険物の保安確保に細心の注意を払う。

他人の危険物の取扱いの立会いをする場合は、作業者が危険物の貯蔵・取扱いの技術上の基準を遵守するよう監督する。また必要に応じて作業者に指示を与える。

以下の表は危険物取扱者の種類による権限一覧

  取扱い 立ち合い
甲種 すべての類の危険物 すべての類の危険物
乙種 免状に記載された類の危険物 免状に記載された類の危険物
丙種 第4類の一部の危険物 できない

教官から一言
この節では危険物取扱者の概要を特訓したが、ここで説明した危険物の取扱い、他の作業者への指示や立会い、危険物の保安確保などを 実際の現場で行うために、貴君は今この厳しい特訓をしているのだ。
今まで行ってきた特訓もこれから続く特訓もすべて危険物取扱者になり実際の現場で危険物関係のプロフェッショナルとして活躍するためのものだ。
いわばこの節が特訓を行っている本質(本来の目的)と言えるであろう。

スポンサーリンク

問題1:危険物取扱者について、以下の空欄を埋めよ。答えは問題文をクリック

危険物取扱者試験に合格し、且つ[ ]の交付を受けた者を危険物取扱者という。

危険物取扱者試験に合格し、且つ危険物取扱者免状の交付を受けた者を危険物取扱者という

※危険物取扱者試験に合格しただけでは「危険物取扱者」とは認められない。


問題2:危険物取扱者について、以下の問いに答えよ。

危険物取扱者の種類をすべて答えよ。

1:甲種
2:乙種
3:丙種

※危険物取扱者の種類は「甲種・乙種・丙種」の3種類となる。


問題3:危険物取扱者について、以下の空欄を埋めよ。

甲種危険物取扱者は[ ]の類の危険物を取り扱うことができる。

すべての類

※甲種危険物取扱者はすべての類の危険物を取り扱うことができる。

乙種危険物取扱者は[ ]類の危険物を取り扱うことができる。

危険物取扱者免状に記載されている類

※乙種危険物取扱者は危険物取扱者免状に記載されている類の危険物のみ取り扱うことができる。

丙種危険物取扱者は[ ]類の一部の危険物を取り扱うことができる。

第4類の一部

※第4類の一部の危険物:ガソリン・灯油・軽油・第3石油類の一部・第4石油類・動植物油類。
特殊引火物やアルコール類は取り扱うことができない。


問題4:危険物取扱者について、以下の問いに答えよ。

危険物の貯蔵・取扱いの立会いが出来る危険物取扱者の種類を答えよ。

甲種および乙種の危険物取扱者

※第4類の一部の危険物:ガソリン・灯油・軽油・第3石油類の一部・第4石油類・動植物油類。
特殊引火物やアルコール類は取り扱うことができない。

※甲種:すべての類の立ち合いができる。
乙種:危険物取扱者免状に記載された類の立ち合いができる。
丙種:立ち合い不可。