スポンサーリンク

指定数量とは

この節での特訓内容
1.指定数量の意味
2.指定数量の倍数とは

この節では 指定数量についての特訓を行う。はっきり言っておこう。
この節は本試験で100%出題される超重要特訓箇所だ。
計算問題が少しあるが小学生レベルなので何の問題もない。
では早速特訓開始だ。


1.指定数量とは 

危険物を貯蔵・取扱いする際に 消防法の規制を受けることとなる数量のこと。
当然に危険物の危険度が高くなるほど指定数量は少なくなる。
前節の表に危険物第4類の指定数量を追加した。

品名(グループ) 性質 主な危険物 危険度 指定数量
特殊引火物 非水溶性 ジエチルエーテル
二硫化炭素
最大 50L
  水溶性 アセトアルデヒド
酸化プロピレン
最大 50L
第1石油類 非水溶性 ガソリン
ベンゼン
トルエン
200L
  水溶性 アセトン
ピリジン
ジルチルアミン
400L
アルコール類 水溶性 メタノール
エタノール
イソプロピルアルコール
400L
第2石油類 非水溶性 灯油
軽油
キシレン
1000L
  水溶性 酢酸
アクリル酸
2000L
第3石油類 非水溶性 重油
アニリン
クレオソート油
2000L
  水溶性 グリセリン
エチレングリコール
4000L
第4石油類 非水溶性 ギヤー油
シリンダー油
タービン油
モーター油
6000L
動植物油類 非水溶性 ナタネ油
アマニ油
オリーブ油
最小 10000L

以上が各品名(グループ)ごとの指定数量だ。
確実に覚えよう。

2.指定数量の倍数とは

製造所等で貯蔵・取扱われている危険物の実際の数量を指定数量で割ったときの値。
この値が1以上になると消防法の規制を受けるのだ。
なんのこっちゃと思うので実際の例を挙げてみよう。

ケース1:製造所等で特殊引火物25Lを貯蔵している場合
○特殊引火物を貯蔵している実際の数量=25L
○特殊引火物の指定数量=50L
25L÷50L=0.5(1未満)が指定数量の倍数となり消防法の規制を受けない

ケース2:製造所等でガソリン200Lを貯蔵している場合
○ガソリンを貯蔵している実際の数量=200L
○ガソリンの指定数量=200L
200L÷200L=1(1以上)が指定数量の倍数となり消防法の規制を受ける

ケース3:製造所等で特殊引火物25L、ガソリン100Lを貯蔵している場合
○特殊引火物を貯蔵している実際の数量=25L
※25L÷50L=0.5(1未満)これだけだと消防法の規制を受けない。
○ガソリンを貯蔵している実際の数量 =100L
○ガソリンの指定数量=200L
※100L÷200L=0.5(1未満)これだけだと消防法の規制を受けない。
しかし両方の危険物の指定数量の倍数を合計すると0.5+0.5=1(1以上)となって消防法の規制を受けることとなる。
※ケース3のように同一の製造所等に2種類以上の危険物を貯蔵または取り扱いしている場合はそれぞれの危険物の指定数量の倍数を合計した値が消防法規制の対象となる指定数量の倍数となる。

教官から一言
この節は特に指定数量の倍数の計算を絡めた問題が出題される。
色々な角度からの問題が襲ってくるので柔軟に対応できるようにしておくのだ。
以下がその例題となる。

問題例1:次のうち指定数量の組み合わせで間違っているものはどれか。

特殊引火物 二硫化炭素 50L
第1石油類 アセトン 200L
第3石油類 重油 2000L
4 第4石油類 タービン油 6000L
5 動植物油類 アマニ油 10000L

ここでは指定数量の組み合わせおよび非水溶性・水溶性の絡みを合わせて問題を出題している。
いわゆる知識があるかどうかを問う問題。
ちなみに答えは2で第1石油類の指定数量は非水溶性は200L水溶性は400Lとなりアセトンは水溶性なので指定数量は400Lとなる。


問題例2:次の危険物を同一の貯蔵所で貯蔵する場合の指定数量の倍数の合計は。

ガソリン 150L
エタノール 500L
灯油 1500L
4 シリンダー油 9000L

ここでは指定数量の倍数の計算をする問題だ。
いわゆる知識+計算問題のダブル攻撃問題だ。
ちなみに答えは、
ガソリン150L÷200L=0.75
エタノール500L÷400L=1.25
灯油1500L÷1000L=1.5
シリンダー油9000L÷6000L=1.5
指定数量の倍数の合計は、0.75+1.25+1.5+1.5で5となる。

スポンサーリンク

本試験要点チェック ~理解度を確認するのだ~

問題1:指定数量について、以下の空欄を埋めよ。答えは問題文をクリック

危険物を貯蔵・取扱いする際に、[ ]の規制を受けることとなる数量のことを指定数量という。

危険物を貯蔵・取扱いする際に、消防法の規制を受けることとなる数量のこと


問題2:指定数量について、以下の空欄を埋めよ。

危険物の危険度が高くなるほど指定数量の数量は[ ]くなる。

危険物の危険度が高くなるほど指定数量の数量は少なくなる

※当然に危険物の危険度が高くなれば、少ない量でも消防法の規制を受けることになる。


問題3:指定数量について、以下の空欄を埋めよ。

非水溶性と同じ品名で非水溶性および水溶性がある場合、指定数量が少ないのは[ ]性となる。

非水溶性

※同じ品名(グループ)で非水溶性と水溶性の両方の性質がある場合、危険度のより高い非水溶性の方が指定数量は少なくなる。


問題4:第4類危険物の品名ごとに定められている指定数量をすべて答えよ。

特殊引火物

非水溶性、水溶性どちらも50L

※特殊引火物はその性質に関係なく指定数量は50Lとなる。

第1石油類

非水溶性:200L
水溶性 :400L

アルコール類

非水溶性:400L

※アルコール類は水溶性の性質のみ。

第2石油類

非水溶性:1000L
水溶性 :2000L

第3石油類

非水溶性:2000L
水溶性 :4000L

第4石油類

非水溶性:6000L

※第4石油類は非水溶性の性質のみ。

動植物油類

非水溶性:10000L

※動植物油類は非水溶性の性質のみ。


問題5:指定数量について、以下の空欄を埋めよ。

指定数量の倍数の値が[ ]以上になると消防法の適用を受ける。

1以上


問題6:以下の場合における指定数量の倍数を求めよ。

製造所等でガソリンを1000L貯蔵・取扱いしている。

5

※ガソリンは第1石油類(非水溶性)でその指定数量は200L。それを1000L貯蔵・取扱いしているので1000L÷200Lで指定数量の倍数は「5」となる。

製造所等で特殊引火物25Lと灯油500Lを貯蔵・取扱いしている。

1

※特殊引火物の指定数量は50Lでその半分の25Lを貯蔵・取扱いしているので指定数量の倍数は0.5。
同様に灯油の指定数量は1000Lでその半分の500Lを貯蔵・取扱いしているので指定数量の倍数は0.5。
0.5+0.5で指定数量の倍数は「1」となる。