スポンサーリンク

消火設備について

この節での特訓内容
1.消火設備とは
2.消火設備の区分と種類
3.消火器の種類と効果
4.消火設備が必要な製造所等および設備

この節では 消火設備について特訓する。
消火器やスプリンクラーなどの消火設備は日常生活でも見たり聞いたりすることがあるので比較的特訓しやすい内容であろう。
ここでは特に消火設備の種類や区分および設置場所について詳しく特訓する。
超細かい内容(所要単位・能力単位・警報設備)については本試験ではあまり必要ないので割愛する。
では特訓開始。


1.消火設備とは

製造所等で発生した火災を有効かつ迅速に消火するための設備。

2.消火設備の区分と種類

第1種消火設備:

屋内・屋外消火設備。

第2種消火設備:

スプリンクラー設備。

第3種消火設備:

水蒸気消火設備・水噴霧消火設備・泡消火設備・二酸化炭素消火設備・不活性ガス消火設備・ハロゲン化物消火設備・粉末消火設備

「~消火設備」と付くのはすべて第3種消火設備だ。

第4種消火設備:

大型消火器。

第5種消火設備:

小型消火器・乾燥砂など。
 

3.消火器の種類と効果

消火器の種類は、消化剤の種類や放射方法により様々である。

そこで消火器から実際に放射するもの、どの火災に適応しているかなど主な特徴を一覧表にまとめた。
※消火器の種類と特徴はについては第2章「基礎的な物理学および化学」で詳しく説明する。

消火器から放射するもの 何に有効 主な特徴
棒状の水 普通火災 油火災に不向き。
油が水に浮き、火災を拡大させる。
霧状の水 電気火災 油火災に不向き。
霧状にすると電気火災には有効となる。
棒状の強化液 普通火災  
霧状の強化液 油火災・電気火災  
二酸化炭素 油火災・電気火災 密閉された空間で使用すると
人体に悪影響
普通火災・油火災  
ハロゲン化物 油火災・電気火災  
消火粉末 すべて  

放射物と消火効果のポイント:

1.棒状放射(水・強化液)は普通火災に有効

2.水の放射は油火災を拡大させる。(油が水に浮いて広がってしまう)

3.二酸化炭素は人体に悪影響

4.泡は電気火災に不向き

5.ハロゲンは普通火災に不向き

以上の5つを覚えておけば、ほぼ得点できる。



4.消火設備が必要な製造所等

次の製造所等は消火設備を必ず設置する必要があるぞ。

1.地下タンク貯蔵所:第5種消火設備を2個以上設置。

2.移動タンク貯蔵所:粉末消火器またはその他の消火器を2個以上設置。

教官から一言
この節では消火設備について特訓したが、意外に覚えることが多いので注意が必要だ。
消火器の特徴は第2章「基礎的な物理学および化学」で細かく特訓するので読み流す程度でよい。
したがって消火設備の種類および設置が必要な危険物施設を覚えることが重要となる。


スポンサーリンク

本試験要点チェック ~理解度を確認するのだ~

消火設備について、以下の質問(または空欄)に答えよ。答えは問題文をクリック

第1種消火設備を答えよ。

屋外消火栓屋内消火栓

第2種消火設備を答えよ。

スプリンクラー

第3種消火設備を答えよ。

水蒸気消火設備・水噴霧消火設備・泡消火設備・二酸化炭素消火設備・不活性ガス消火設備・ハロゲン化物消火設備・粉末消火設備など

※「~消火設備」となっているものはすべて第3種消火設備である。

第4種消火設備を答えよ。

大型消火器

第5種消火設備を答えよ。

小型消火器乾燥砂など

消火設備を必ず設置しなければならない製造所等をすべて答えよ。

1.地下タンク貯蔵所:第5種消火設備が2個以上必要
2.移動タンク貯蔵所:粉末消火器(自動車用)などが2個以上必要