スポンサーリンク

貯蔵・取扱いの基準

この節での特訓内容
1.すべての製造所等・危険物に共通する貯蔵・取扱いの基準
2.危険物の類ごとに共通する貯蔵・取扱いの基準
3.貯蔵・同時貯蔵の基準
4.取扱い別の基準

この節では危険物を安全に貯蔵・取扱いするための技術上の基準を特訓する。
普通に考えれば本試験で得点できる内容となっており、特に難所はないが油断せずに特訓せよ。
では特訓開始。

1・すべての製造所等・危険物に共通する貯蔵・取扱いの基準

共通基準:

1.危険物の貯蔵・取扱いを行うには、品名や数量・指定数量の倍数に関してあらかじめ許可を得たり届出を行う必要がある。


よって許可を得ていないまたは届出をしていない品名、数量・指定数量を超える危険物を勝手に貯蔵・取扱いすることはできない


2.みだりに火気を使用したり、係員以外を立ち入りさせてはならない。


3.整理・清掃をこまめに行い、空き箱やその他不要物を置かない。


4.留施設(たまます)や油分離装置に溜まった危険物は随時くみ上げる


5.危険物のくず・かすは1日1回以上危険物の性質によって安全な場所で廃棄その他適当な処理をする。


6.危険物はその性質の応じた適正な温度・湿度・圧力を保つ。


7.危険物を貯蔵・取扱いをしている建築物等では、その性質に応じた遮光・換気を行う。


8.可燃性の液体や蒸気が滞留または粉塵が浮遊している場所では火花を発する工具等を使用しない。


9.危険物が残存しているまたはその可能性が有る場所の設備・容器等を修理する場合は、安全な場所で危険物を完全に除去してから行う。


10.保護液中に保存する危険物は、保護液から危険物を露出させない

以上、共通事項に関しては常識的に考えれば特に難しい内容ではない。

2.危険物の類ごとに共通する貯蔵・取扱いの基準

第1類:

1.可燃物との接触・混合を避ける。

2.アルカリ金属の過酸化物(含有するものも含む)は水との接触を避ける。

第2類:

1.酸化剤との接触・混合を避ける。

2.鉄粉やマグネシウム(含有するものも含む)は水との接触を避ける。

第3類

1.炎など高温体を避ける。→自然発火性物質。

2.水を避ける。→禁水性物質。

第4類:

1.炎など高温体を避ける。

2.みだりに蒸気を発生させない。

第5類

1.炎など高温体を避ける。

2.衝撃・摩擦を避ける。

第6類:

1.可燃物との接触・混合を避ける。
 

3・貯蔵・同時貯蔵の基準。

原則1

貯蔵所では、危険物と危険物以外の物品との同時貯蔵はできない。
例外:
屋内貯蔵所または屋外貯蔵所では、1m以上の間隔があれば同時貯蔵できる。

原則2

貯蔵所では、類の異なる危険物の同時貯蔵はできない。
例外:
屋内貯蔵所または屋外貯蔵所では特定の類の組合わせ、かつ1m以上の間隔があれば同時貯蔵できる。

※具体的な組合せは複雑なのでここでは割愛する。

また貯蔵・同時貯蔵の基準はあくまでも「貯蔵所」での話であり、製造所や各種取扱所は含まないので混同してはならない。
 

4.取扱い別の基準

取扱い別基準とは製造工程・詰替え・消費・廃棄の別に取扱いの基準があるということだ。

以下に一覧表でまとめた

取扱 基準
製造工程 蒸留工程では液体漏れ・蒸気漏れ・ガス漏れがないようにする。
詰替え 危険物を容器に詰替える場合は、規定された容器に収容する。
消費 焼入れ作業は、危険物が危険な温度に達しないように行う。

バーナーを使用する場合は、バーナーの逆火防止をして危険物があふれないようにする。
廃棄 焼却する場合は、安全な場所で行い見張人を付ける。
危険物は、水中や海中に流出させたり投下しない。


教官から一言
この節では貯蔵・取扱いの基準を特訓したが、特に難しい所はない。
本試験では貯蔵・取扱いの共通基準に関する問題が出題されることが多い。
その他、類ごとの基準では「第3類」と「第5類」の基準、次に同時貯蔵の原則と例外を順に覚えるようにすることが本試験突破のカギとなるだろう。
取扱別の基準については、廃棄の際の「見張人」を付ける必要があることを覚えておけばOKだ。



スポンサーリンク

本試験要点チェック ~理解度を確認するのだ~

貯蔵・取扱いの各基準について、以下の質問(または空欄)に答えよ。答えは問題文をクリック

危険物のくず・かすは1日[ ]以上廃棄する。

1日1回以上廃棄する

[ ]に溜まった危険物は、随時廃棄する。

貯留設備に溜まった危険物は随時廃棄する

危険物が残存している可能性のある容器などを修理する場合、容器の危険物を完全に[ ]してから修理する。

容器の危険物を完全に除去してから修理する

危険物を保護液中に保存する場合、危険物を保護液から[ ]させないように注意する。

危険物を保護液中に保存する場合、危険物を保護液から露出させないように注意する。

可燃性の液体や蒸気が滞留する恐れがある場所や可燃物の粉が浮遊している場所で、[ ]が出る機械や工具を使用しない。

可燃性の液体や蒸気が滞留する恐れがある場所や可燃物の粉が浮遊している場所で、火花が出る機械や工具を使用しない。

1m以上の間隔があれば例外として危険物と危険物以外の物品とを同時貯蔵出来る危険物施設をすべて答えよ。

屋外貯蔵所および屋内貯蔵所

危険物を廃棄(焼却)する場合、[ ]を付け、安全な場所で行う。

危険物を廃棄(焼却)する場合、見張人を付け、安全な場所で行う。